湾奥の実態

先日、「浦安の陸っぱり釣り情報」とリンクいたしました。このブログ内で管理者といろいろと情報交換をしているのですが、その中に「浦安で釣れる魚種や数は年々減ってきてしまいました」という内容がありました。

僕はシーバスの釣行で千葉市の新港や千葉港に行くのですが「メバル」を見たことがありません。姉ヶ崎・袖ヶ浦まで下るとメバルにお目にかかれるのですが、なぜか千葉港付近には生息していないみたいなのです。

今現在は千葉県船橋市に住んでいますが、幼少の頃から成人になるまで千葉県美浜区に住んでいました。千葉港・新港は庭みたいなものなので、時間があればいつも釣りに行っていました。その中で「アイナメ」は見たことがあるのですが、千葉港付近ではメバルを見たことがないのです。

一方、「浦安の陸っぱり釣り情報」によりますと、浦安付近では釣れるみたいなのです。
これはいったい何故なのでしょう?

メバルの生態の中に「障害物や海草の付近を好んで住みかにする」という部分があります。千葉港付近には障害物はいたるところにあります。テトラポット・防波堤・桟橋・港・・・
なのに生息していないみたいなんです。

最近はメバルのルアー釣りが盛んになっています。専用タックルや専用ルアーまで発売されています。(いちおう、僕もひと通り持っています)千葉港・新港付近はテトラポットが続く海岸線があります。いかにも「釣れそう!」って感じはするのですが、メバルが釣れた話って聞いたことがないのです。
(だれか千葉港・新港付近でメバルを釣った!って方、いらっしゃいませんか?)

それには「海草」が関係あるのではないかと思いました。千葉港付近の海中には藻や海草が生えていないため魚が付かないのではないか?と考えました。っという事は、一見きれいに見える海水も実は藻や海草が発育しにくい成分だったりするのではないか?と思いました。

最近は「ファミリーフィッシング」ということで外房や内房に行っていますが、暇を見つけて東京湾のポイントも開拓してみたいと思います。




スポンサーサイト

テーマ : フィッシング - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

つよすけ

Author:つよすけ
「つよすけぶろぐ」へようこそ!
PENTAX K-5を片手に娘と一緒に散歩を楽しんでいます。野鳥写真や鉄道写真や風景写真をアップしています。たまにファミリーフィッシングもやります。また、身の回りの出来事やくだらない雑談などアップしています。どうぞ、最後までお付き合いください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ