K-r チューンアップ

いつも野鳥を撮影してて思うのですが、「もう少しアップにならないかなぁ?」とか「もっと近づけたらなぁ?」・・・

確かに「接近術」も必要なのですが、それにも限界があります。そこでK-rをチューンアップしてみました。

IMG_4205.jpg

これは一体なんでしょう?

答えは「コンバージョンレンズ」です。

「コンバージョンレンズ」って?

「コンバージョンレンズ」とは、カメラ、デジタルカメラ、ビデオカメラでの撮影において、レンズに装着する事で、元のレンズの焦点距離よりも広角側もしくは望遠側で撮影できるようにするものです。

ちなみにこれは望遠側のコンバージョンレンズです。「テレコンバージョンレンズ」とも言います。例えば100mmのレンズに2倍のテレコンバーターを装着すると200mmの望遠レンズとして使用できます。その代わり、望遠で撮影する場合焦点距離が大きければ大きいほどレンズの明るさは落ちます。

IMG_4206.jpg

IMG_4208.jpg

純正のsmc DAL55-300mmにコンバージョンレンズを装着すると・・・

IMG_4207.jpg

IMG_4209.jpg

こうなります。

ちなみに、この「PENTAX F-AFアダプター」というレンズは、PENTAXがAF一眼レフに参入した当初、AF望遠レンズの
品揃えがまだ多くない時代に数あるマニュアルレンズ資産をAFで生かそうと企画製作された「マニュアルレンズをAF動作させる」コンバージョンレンズです!マニュアルレンズの後ろに、これを取り付け、AFボディに装着するとマニュアルレンズがオートフォーカスレンズとして作動します。しかも焦点距離が1.7倍の望遠レンズとなります。

ですが、使用できるレンズは原則としてF2.8より明るいレンズで、マスターレンズの明るさは約1.5段暗くなります。

つまり、「DAL55-300mmF4.5-5.8ED」という名の廉価版純正望遠レンズですと、望遠端側のF5.8という明るさは自動的にF6.7というレンズになってしまいます。日陰や曇り空ではフォーカスが迷うかもしれません。

しかし、300mm×1.53(APS-C 35mm判換算焦点距離)×1.7=780.3mmの焦点距離は魅力です。(今までは459mm、その差321.3mm)

ちなみに超望遠レンズ(大砲?バズーカ?)は500mm×1.53(APS-C 35mm判換算焦点距離)=765mmです。明るさでは劣りますが焦点距離ならいい勝負です。

近日中に試し撮りに行ってみたいと思います。






スポンサーサイト

テーマ : 写真 - ジャンル : 趣味・実用

コメント

No title

ズバリ、よくわからなかったけど。
対バズーカ?
テスト撮影で、旨く行けば、、、、、

イイですネ。。。 チョット ワクワク

もちろんです!

AGAさん こんばんは。もちろん「対バズーカ」です。大砲貯金は進んでいません。(募金ばかりしているから・・・)でも少しずつお金を貯めていつかは購入しようかと考えています。テスト撮影はまだしていませんが理論上はかなり遠くのものが撮影できるはずです。いいのが撮れたらアップします。

No title

お願いします。

興味津津です。 バズ~カは高価すぎます。。。

処で、コンバージョンレンズって

気になるお値段は?

バカ高いんです。

AGAさん こんばんは。「PENTAX F-AFアダプター」ですが、なんと定価で¥50000します。PENTAXが経営不振に陥ったときに「HOYA」という会社と統合しました。HOYAは遠近両用レンズでお馴染みの老舗のメガネレンズメーカーです。どういう理由だか知りませんが、その直後に価格改訂をしたらしく現在の値段に値上がりしたそうです。(改訂前は¥30000くらいだったらしいです)もちろん新品は買えないのでオークションで¥23000で落札しました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

つよすけ

Author:つよすけ
「つよすけぶろぐ」へようこそ!
PENTAX K-5を片手に娘と一緒に散歩を楽しんでいます。野鳥写真や鉄道写真や風景写真をアップしています。たまにファミリーフィッシングもやります。また、身の回りの出来事やくだらない雑談などアップしています。どうぞ、最後までお付き合いください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ