スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱中症対策!

20160503_172934_20160809002812ad3.jpg

我が家で大切に飼っていた金魚たちが全滅してしまいました。

原因は水温上昇による水質の悪化と酸素不足だそうです。

金魚の飼育ってすごく簡単だと思っていましたがとてもデリケートだということを学びました。

ご家庭で生き物を買うことはとても良いことだと思います。

それは生物に対する興味や知識が増えること。

それと命の大切さを学ぶことが出来ます。

ペットを飼うということは犬や猫や鳥に限らず、すべてにおいて生命を全うするまで責任を持って飼育していくこと。

安易な考えでは大切な命を無駄に死なせてしまうということを今回は知ることとなりました。

そこで、今回は熱中症対策をすることにしました。

いろいろと検索してみた結果、日陰を作ることで水温の上昇をかなりの確率で防げるということが分かりました。

我が家の金魚は玄関でメダカ鉢に入れて飼育しています。

いちばん簡単なのは飼育場所を変えることでした。

ですが、欲をかいていちばん大きなメダカ鉢を購入してしまったので玄関以外におくスペースがありません。

なのでホームセンターに寄って材料探しをすることにしました。

20160806_103800.jpg

購入してきたのは室内干し用のパイプハンガー、それとすだれ、そしてウェイトです。

ハンガーは¥1980、すだれは¥480、ウェイトは¥500×2でした。

20160806_125807.jpg

我が家の玄関は東向きなので午前中は直射日光が直撃です。

なのでX型のパイプハンガーにすだれをインシュロックで固定してパイプハンガーの足の前後をウェイトで固定してみました。

ハンガーはなかなかいいのが無かったです。寸法に無理があって玄関のタイルをはみ出してしまったのでガーデニング用のブロックを置くことにより解決することが出来ました。

メダカ鉢を持ち上げているのは地面の照り返しの熱から金魚を守るためと、野良猫のいたずら防止です。(以前、1匹やられてしまいました。)

材料はマスです。マスとは建築物の雨水を合流させて下水管に流すときに使用するコンクリート製や樹脂製の管やパイプです。

20160806_125821.jpg

効果は抜群です。日陰の気温は31度、それに対して日なたの温度は43度を記録しました。地面からの照り返しによる熱は想像以上でした。

水温計を設置してみたところ29度以上は上がることはありませんでした。

金魚を飼ってみたいとお考えの方、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

つよすけ

Author:つよすけ
「つよすけぶろぐ」へようこそ!
PENTAX K-5を片手に娘と一緒に散歩を楽しんでいます。野鳥写真や鉄道写真や風景写真をアップしています。たまにファミリーフィッシングもやります。また、身の回りの出来事やくだらない雑談などアップしています。どうぞ、最後までお付き合いください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。